洋平 真焼平菊形大茶注(木)

小西洋平の作品 1941年常滑市に生まれる。父は陶工友仙。

戦後の常滑焼の茶器を新しい技法で開花させた父小西友仙から受け継いだ創造性は80歳になった今でもきらきらとした夢を持ち、実現させることに情熱を注いでいらっしゃいます。その作風は強烈な個性を発揮して斬新なデザインの急須を数々創りだしています。大振りな菊の形も末広がりに安定感があり、取っ手がニョッっと突き出た枝のようにも見えてなんとも趣きがあります。。薪窯での魔法にかかり濃茶系帯びた金色にも見えます。小西洋平氏のマジックの観る者、使う者の視線がうばわれてしまう作品の一つです。

在庫:1
¥90,000(税込)
数量
購入可能な数量は1個までとなります。

※ お色はモニターやブラウザなどによって、実際の物と異なる場合がございます。

※ ご使用後はできるだけ早く洗い、よく乾燥させてください。